住宅の間取やプラン

注文住宅の間取や平屋住宅の間取を考えるときに大切なことです。

家族構成、ライフフタイルについて将来的に永く使い勝手の良い、住宅間取やプランを考える
必要があります。
小さい収納をたくさん造るよりも大きい収納を一つにする方が広いスペースが確保できる
場合もあります。
流行りのデザインや新製品に踊らされることのないように十分気をつけたいものです。

例えばシンプルモダンの片流れ屋根です。
トップの軒先部分は雨漏りの原因が最も多い部分とされていて
十分な対策と施工が要求されます。
屋根の形状としては、寄棟(よせむね)という形状が一般的に認知されています。
デザインに捕らわれることなく、将来的にも安心した住宅の間取やプランにしたいものです。