二世帯住宅の間取

二世帯住宅の間取りについて。
基本的な考えとしては1階と2階で世帯を区別するのが一般的だと思います。
具体的には玄関、水道メーター、ガスメーター、電気メーターを世帯別にそれぞれ2つ
ずつ設置するのが理想との事でした。
最近の、二世帯 住宅 間取りとして、1階を若夫婦世帯にするのが流行りみたいです。
遅い時間に帰宅する若夫婦を2階にすると、生活スタイルの違いから深夜、2階の足音が
気になって眠れないという年配夫婦の声もあります。
しかし、床の防音材や年配夫婦の寝室から離した階段の配置など対策をすれば問題ないと
思います。