目線を合わせるミラクル和室

和室の使い方は様々です。

和室の使い方には、
いどころ、しどころ、もてなしどころ
という3つの使い方があります。

ゆったりとくつろぐ、
趣味をたのしむ、
お客さんをもてなすなど、

多目的に使えることが
和室の最大の魅力です。

従来の和室のレイアウトは、
リビングとは独立していて、

2間続きで広縁付きという
ケースが多く見受けられました。

しかし、最近ではその考え方が
見直されてきており、和室を
リビングとつなげて使うという
傾向が多くなってきています。

実際、私がお手伝いした方で、
和室とリビングを独立させてつくった方を訪問したところ、

「実はあんまり和室使ってないんです。」

と嘆いていた方がいらっしゃいました。

その方は両親が泊りにくるから、
とゆう理由で、和室を独立させること
にされた方です。

何度か和室についてお話しましたが、
最終的には独立させるという決断をされました。

和室をリビングとつなげて使うと、

・奥様の家事の場所になり、
・育児の場所になり、
・子どもの遊び場になり、
・ごろっと横になる
・くつろぎの場所になり、
・お客さんをもてなす場所

になるのです。

これほどいろいろな使い方ができる場所は、
和室ぐらいでしょう。

将来同居することになり、和室に両親が
住むことを考え、和室を独立したスペース
として必要とされる方もいるでしょう。

それはそれで何も問題はありません。

和室の重要性に気づくことが大切です。

和室の使い方によって、間取りは大きく
変わってきます。

むしろ、和室の使い方がわかっていない
とプランは作れません。

様々な使い方ができる和室を
どのように使うのか。

それはあなた次第です。

じっくりと考えてください。

<<目線を合わせる>>

私は独立させなくてはいけない
特別な理由がない限りは、個人的に
は和室はリビングとつなげることを提案します。

理由は卖純で、そのほうが和室の
使用頻度があがるからです。

和室の戸を開けておけば、
空間的にも広く感じますし、
様々な使い方ができますし、
いいことづくしです。

和室をリビングやダイニングと
つなぐ場合、考えておくべきことがあります。

それは“高さ”です。

和室は基本的には“床に座る”空間です。

それに対し、リビングやダイニングは
ソファやイスに腰を掛けることになります。

そのとき、ちょっとしたズレが生じます。
それは、
“目線の高さのズレ”
です。

ソファやいすの座面の高さは大体40cmほどです。

つまりその分、和室にいる人を
見下ろすようなかたちになるのです。

これを解決する方法が、高さを変えるです。

和室を一段高くするという方法です。

例えば、イスの座面の高さ40cm分、
和室をUPしてあげます。

そうすると、和室に座った人とリビングの
ソファに腰掛けた人との目線が
同じ高さになり、落ち着いた空間となります。

sisen.JPG
また、和室の床に使う材料は畳ですが、
リビングはフローリングです。

異なる素材を使っているので、
同じ高さ・同じ面に異なる素材がくるよりは、
高さを変えてしまったほうがインテリアの面でも良いです。

2〜3cmのちょっとした段差よりも、
むしろ30cmを超えるような段差の方が
安全だと言われております。

ただ、全く段差をつくりたくないという方は、
ムリに段差をつくる必要はないので、
同じ高さにしてあげるのがいいでしょう。

使われていない和室は寂しがっています。

現代の生活スタイルに合った使い方を考え、
和室をにぎやかに使ってあげましょう。

愛情を五感で感じる幸せ

まず最初は
親の愛情についてです。

子どもにとって、親の愛情と
いうのは何でしょうか?

それは、親の顔が見えることであり、
会話をすることであり、家族の声や
気配を感じることです。

安心感があると集中できます。

そして、何よりも子どもの
やる気を生みます。

いつでも愛情を感じさせて
あげることが、子どもの成長に
つながるのです。

有名中学校に合格している家庭で
子どもが勉強する場所として最高な
場所があります。

その場所とは?

リビングやダイニングで勉強させている、
という話しが多いです。

今ではリビング・ダイニング学習家具が
売られているぐらいです。

●親が近くにいることで

愛情を感じ、

●安心できることで

集中力が増し、

●コミュニケーションをとることで

考える力を養う。

リビングなどで親の会話を
聞いていれば国語力も養われる。

そういった環境が子どもの脳を
発達させるのです。

そのために間取りで考えられる
ことはなんでしょうか。

やはり、リビング・ダイニングに
ゆとりが欲しいですね。

リビング・ダイニングに子どもの
居場所をつくってあげる、
ということです。

できれば、ダイニングやリビング付近
にスタディコーナーなどが設けられる
のがベストです。

カウンター1枚あるだけで
勉強スペースになります。

もちろん置き家具でも良いので、
ダイニング付近に勉強できる場所を
備えた間取りを考えてみましょう。

そしてもうひとつはキッチンです。

子どもがお母さんと会話が
できるようなキッチンが理想です。

対面式のキッチンだと、
顔を合わせる形になるので、
自然と会話が生まれ、コミュニ
ケーション能力がつきやすいです。

手伝いやすくもなり、親が頑張って
いる姿を見ることができます。

親が頑張っている姿をみると、
子どもも頑張りたくなるものです。

そうしたひとつひとつの積み重ねが、
子どもの成長を促します。

吹き抜けをつくって、
家族の気配を感じさせるというのも、
配慮のひとつです。

間取りを考えることで、より子どもが
愛情を感じてくれる家にすることもできるのです。

それは、子どもの成長につながる、
ということになります。

厳選プラン5スペシャル

100人の方がいれば、
100通りの間取りが
あります。

それは要望がみなさん違うのですから
当然のことです。

ただ、家を建ててから、

“えっ!?こんな提案もあったんですか?”

というのは避けたいですよね。

そこで、私がこれまで提案してきた数百の提案
の中から厳選した、

知っておきたい選りすぐりの

“5プラン”

をご紹介します。

全国の土地なしの方が建てる家の、
平均的な建坪、38坪前後のプランを
5プラン用意しました。


1階・2階それぞれで、今までお客様に
喜んでいただいた提案を盛り込んだ
間取りにしてあります。

>>スペシャルなプラン間取りを見る

頭の良い子が育つ家のヒミツ

人間は幼年期に基本的な人格が形成されている
と言われています。

その幼年期に、もっとも過ごす時間の長い場所は
どこでしょう?

それは家ですよね。

幼年期の子どもに与える、
家のもつ影響力はとても大きいです。

家と子どもの関係は密接につながっているのです。

子どもの生活は成長とともに変化し、
おおまかに3つのステージに分けられます。

それは。。。


「就学までの幼児期、学童期、中学生からの思春期」

です。

それぞれの時期によって勉強の仕方や
部屋の使い方、コミュニケーションの頻度など、
様々なものが変化していきます。

当然家に対する考え方や、
過ごし方も変わっていきます。

個室が与えられ、いずれ子どもは自分だけ
の世界を持つようになり、
奥様も働きに出るようになり、
ご主人の帰宅が遅くなっていき、
だんだんと家族が顔を合わせる時間が減っていく。

そういった家庭は現実に少なくないでしょう。

子どもの成長によって、
家庭はどんどんと変わっていきます。

そしてその家庭を変える影響のひとつに、
家も関係しているのです。

家の間取りによっては、子どもが部屋に
引きこもるようにもなり、逆に会話を
生むようにもなりえます。

家は子どもにとって最初に
コミュニケーションを学ぶ場所です。

父親と遊ぶ、母親と話す、兄とケンカする、
妹の面倒をみる。

家で様々なことを学んでいきます。

家でどのように過ごせるか、ということは
子どもに大きな影響を与えます。

子どもは誰かに“やらされている”という気持ちを
持ってしまうと、そこで止まってしまいます。

逆に自らの意思で取り組んできたことは
一生懸命になります。

つまり、自主学習を学ばせるということが大事です。

そういった自主性のある子のほうが伸びが早いものです。

主体性・思考力を伸ばしてあげる。

家はそれを養う最初の場所なのです。

サザエさん宅の秘密

お子様から大人まで皆さんに知られている
国民的アニメ“サザエさん”

サザエさんのお宅では必ずと言っていいほど、
波平さんから孫のタラちゃんまで、
家族みんなが顔を揃えて食事をとっています。

サザエさんの家には、現代でとても大切だと
されている

”団らん“

があるのです。

家族が顔を合わせる時間が減ってきているからこそ、
今交流の場となる食卓の見直しがされています。

サザエさんの家で特徴的なのは、
それぞれのスペースにつながりがある、
ということなんです。

一見ただの廊下が、実はそのまま歩くと広縁につながり、
波平さんの部屋につながっている。

単なる歩くだけの廊下が、広縁につながることによって、
カツオくんの部屋と波平さんの部屋が独立しているようで、
実はつながっているという効果が生まれているのです。

サザエさんの家はつながりのある間取りになっており、
コミュニケーションのとりやすい、

団らんの生まれる家が、サザエさんの家だと言えます。


sazae.JPG

サザエさんの家がみな仲が良く、
団らんのある家庭であるということは、
少なからず間取りも関係していると言えます。

間取りは人それぞれ違うのが当たり前で、
ライフスタイルが違う、自分たちの
生活にふさわしいものが違うのですから、
必ずしもサザエさんの家がどの人にも理想だとは言えません。

ただ、間取りを考えるということが、
様々なことにつながるということをわかって頂きたいです。

一度建てた家は服のように簡単に着替えることはできないのですから。

住宅の間取やプラン

注文住宅の間取や平屋住宅の間取を考えるときに大切なことです。

家族構成、ライフフタイルについて将来的に永く使い勝手の良い、住宅間取やプランを考える
必要があります。
小さい収納をたくさん造るよりも大きい収納を一つにする方が広いスペースが確保できる
場合もあります。
流行りのデザインや新製品に踊らされることのないように十分気をつけたいものです。

例えばシンプルモダンの片流れ屋根です。
トップの軒先部分は雨漏りの原因が最も多い部分とされていて
十分な対策と施工が要求されます。
屋根の形状としては、寄棟(よせむね)という形状が一般的に認知されています。
デザインに捕らわれることなく、将来的にも安心した住宅の間取やプランにしたいものです。

年度末完工物件

年度末完工物件はシビアですね。
おろしたてのパンツのようにキツキツな感じです(笑)

と言うのも、短期決戦になる確率が非常に高いからです。
住宅の間取りやプランの打ち合わせ時間が短くなりがちで
十分な検証のないまま進める形になったら、後始末に時間が掛かるかもしれません。

打ち合わせを十分行い、建築工事中に内容確認で現場作業が止まる事のないようにしていきましょう。


施主の親戚

住宅の間取りやプランを作成中に施主は、親戚などからいろいろな意見をもらったりします。
分かり易く表現すると「ヨコヤリ」ですね。
あなたならどうしますか?
打ち合わせに施主の親戚が絡んで来た時・・・。

ここで意地を張ったら後々問題が起きることが想定されます。
勇気を出して一度引きましょう。

いつでも誠実な態度を見せることが重要です。
もし、あなたがそれでも強引に進めたいのであれば考えられるリスクを計算し充分な準備とスタッフ(現場関係者)の教育が必要でしょう。

平屋の住宅の間取

平屋の住宅の間取には、
スローライフ・ゆとりある空間のイメージがあります。
平屋 住宅 間取は階段の昇り降りがなく段差の少ない家ということで、
介護面でも優しいバリアフリーの家として注目されています。
いい平屋の住宅間取とは、外観は小さく見えるのに中に入ったら大きくて広い
という特徴があります。

大切なのはどのような暮らしをされるかということ。
平屋住宅の間取を考える場合、まず大事なのはあなたがそこで何をするかでしょう。
既存のLDKという考え方が果たして本当に当てはまるかどうかを考えましょう。
家族構成やライフスタイルによってはたとえ間仕切りが少なくても、いいのかもしれません。

モザイクタイル

たまにモザイクタイルを希望する方がいます。
洗面台やカウンターなどです。

モザイクタイルとは一つが2cm×2cmくらいの非常に小さいタイルです。
これらを木下地に耐水ボンドで貼り付ける工事になります。

デザインや可愛さだけにとらわれるのは、どうでしょう。
タイルには目地があること、部分的に剥がれる可能性があること
を十分理解しましょう。

水周りは木造住宅のコアな部分です。
慎重に将来のことも視野にいれて進めていきたいものです。

私なら既製品の洗面台にして、サイドにキッチンパネルを使います。

事前の確認が大事です。

サッシとユニットバスについて。
1階、2階にユニットバス(以下UB)を設置するときは上下、同じ場所に設置するのが理想です。
メンテナンスや構造面を考えても有利だと思います。

サッシはあまり角に寄せすぎないようにしましょう。
UB壁との取り合いを十分に検討する必要があります。

サッシの取り付け高さもUB断面図を確認しながら進めていくのが理想です。
合わせて上部の桁の寸法も確認しておきましょう。

本当にあなたが求めるものは?

最近は小さい縦長サッシを使う住宅が増えました。
用途を十分に考慮する必要があります。
外観・デザイン・機能性
本当にあなたが求めるものは?

住宅で要求されるのは、安全性、居住性、通気性が原則だと思います。
まず、デザイン、外観重視だと将来性に??な要素が含まれると言っても良いでしょう。
例えば、1階のサッシは引き違い、又は上げ下げ、ルーバーなどが良いと思います。

もし1階に縦すべり窓を多用すればどうなると思いますか?

頭にサッシの角が・・・!?
安全なプランを計画しましょう。

狭小住宅の間取

狭小住宅の間取についてはざまざまな意見に分かれると思います。
利用できるスペースが限られているからです。
考えたい事は、
○動線
○階段位置
○水周りの配置
○日当たりと風通しの検討
○駐車場
他にも大切な事があります。
それは、「将来的に安全で安心できる住まいになっているかどうか?」という事です。

あせらずにじっくりと考えていきたいです。

二世帯住宅の税金

気になるのが固定資産税ですね。
建物の登記人に課せられるものであり、二世帯であるかどうかは関係ありません。
建物全体が 1人の名義であれば固定資産税は 1人に、
2人以上に区分登記してあれば固定資産税も 2人以上に請求されます。

税率など市町村によって違いがあるのでご注意下さい。

二世帯住宅の間取

二世帯住宅の間取りについて。
基本的な考えとしては1階と2階で世帯を区別するのが一般的だと思います。
具体的には玄関、水道メーター、ガスメーター、電気メーターを世帯別にそれぞれ2つ
ずつ設置するのが理想との事でした。
最近の、二世帯 住宅 間取りとして、1階を若夫婦世帯にするのが流行りみたいです。
遅い時間に帰宅する若夫婦を2階にすると、生活スタイルの違いから深夜、2階の足音が
気になって眠れないという年配夫婦の声もあります。
しかし、床の防音材や年配夫婦の寝室から離した階段の配置など対策をすれば問題ないと
思います。

住宅の間取と土地

住宅の間取にこだわり過ぎはどうかと思います。
選んだ土地に合った間取を考える必要があるからです。
例えば、いざ決定したプランでと思い土地を見に行くと、玄関の前にマンホールの蓋があったり、
電柱が土地の中に設置されていたり、意外と思うように進まないものです。
やはり建物と土地はセットで考えたいものです。

土地を選ぶ際には、夜間や雨天時などの様子も確認しておきたい事柄の一つだと思います。
夜間になると近所から毎日のように大声が聞こえたり、やたら道が暗かったりと昼間と環境が違う場合もあるからです。

そこで、周辺の土地環境を調査するコツを紹介します。
これは経験に基づいています。
続きを読む